結納とは




「結納」とは、結婚の準備の一つです。
両家が親類となって「結」ばれたことを祝い、贈り物を「納」めるという儀式で、伝統的なものです。

「正式結納」は、仲人が両家を行き来して結納品を届けるスタイルです。
「略式結納」は、彼女の家、または料亭やホテルに集まって、結納品を交わします。
この場合、仲人を立てる場合と立てない場合の両方があります。
結納の時期は、式の半年から3カ月前。日柄の良い午前中です。

結納品の数は9品目。
目録(もくろく)、長熨斗(ながのし)、金包(きんぽう)、友白髪(ともしらが)、末広(すえひろ)、寿留女(するめ)、子生婦(こんぶ)、勝男武士(かつおぶし)、家内喜多留(やなぎだる)です。

続きを読む

(C) 2009 結婚式準備