神前結婚式




日本の伝統的な挙式スタイルは、神前結婚式です。
神前で結婚の報告と誓いをするスタイルで、神社や会場に神殿が設けられます。

参列できるのは両親、兄弟姉妹、おじやおばくらい。親族のみです。
日本の伝統的な厳粛なスタイルです。
次のような流れです。

1.入場
先導するのは巫女。新郎新婦、媒酌人、両親、親族が続いて入場。

2.修祓の儀(しゅうばつのぎ)
斎主(神主)が祓詞を奏上。
参列者は全員起立で、頭を下げて、おはらいをうけます。身を清める儀式です。

3.祝詞奏上(のりとそうじょう)
神主が、神に、2人の結婚の報告をします。そして祝詞を読み上げ、新しい門出を祝います。

続きを読む

(C) 2009 結婚式準備