招待状




結婚式の準備は、招待状を作ると、いざ始まったという感じです。
招待客に結婚式のお知らせをする大切な印刷物が招待状です。

会場で招待状を作ってくれることもありますが、手作りもよいものです。
封筒やカードも用意して、会場には印刷だけ頼むこともできます。

自分で作る場合は、会場から見本をもらったり、前に自分がもらった招待状を見て、参考にしましょう。
会場担当者にミスがないか見てもらってから印刷にまわすといいでしょう。

招待状に書くことは次のことです。
挨拶文、新郎新婦の名前、挙式や披露宴の日時、会場の名称と連絡先、会場の地図(別紙でもOK)、駐車場の有無。
それに、返信用のハガキの締切日も書きます。
スピーチや余興や、乾杯の音頭、また、主賓のあいさつなどを別にお願いする場合には、招待状に自筆で一言添えるとよいでしょう。

返信用のハガキには、宛名欄を記入してください。
返信先の住所と差出人名を印刷します。
一般的には、差出人は、両親か新郎新婦のどちらかです。
新郎側の招待客は、新郎に返信が行くように、新婦側は新婦に返信が届くようにするといいです。
すると、人数把握がしやすくなります。

続きを読む

(C) 2009 結婚式準備