和装の婚礼の衣装と小物




いざ、衣装を準備すると、「本当に結婚するんだ〜」と実感もわくでしょう。
和装の婚礼衣装について、ご紹介しましょう。

和装には、白無垢、色打ち掛け、振り袖の、婚礼衣装があります。
白無垢は、小物まですべてを白に統一します。
「婚家の色に染まります」という意味があるそうです。

色打ち掛けは、緑、黒、赤などが下地の色で、その上に、金ぱくや刺繍をほどこした着物で豪華な印象を与えます。
柄は、大柄な人は大きな柄、小柄な人は細かい柄を選ぶと似合います。
角隠しは、挙式の時につけます。

振り袖の中でも、黒引き振り袖は、江戸時代に武家の婚礼衣装として用いられていました。黒は、最も高貴な色だったのです。
最近では、シックで、レトロな感じのデザインが、人気です。
最近では、オーガンジーでデザインされた、軽いドレス感覚の和装もあり、新和装と言います。
和装なのに洋装の雰囲気ですから、これが人気の秘密のようです。

続きを読む

(C) 2009 結婚式準備