式のときの両親の衣装




結婚式の準備をする中で、忘れられがちなのが、両親の衣装。
新郎新婦と合わせて、父親がモーニング、母親は留袖を着るというのがよくあるケースです。
しかし、キリスト教式の結婚式では、洋装ですから、母親もロングドレスなどの洋装にする場合も多いようです。

両親の衣装は、両家がパランスをとる必要があります。
記念撮影や、記念品贈呈など、両家が並ぶ機会は、意外とあります。
そのときに、格のバランスがとれていないと困ります。
相手方の両親とも、当日の衣装をどうするかを、話し合って確認しておきましょう。

父親のモーニングは、体型にあったものを選びます。首周りや袖丈も合わせ、試着は必ずしましょう。
レンタルする場合は、一式をレンタルすればいいですが、靴下やアンダーシャツは自分で用意するところもありますから、確認して、足りない物はそろえます。

続きを読む

(C) 2009 結婚式準備