新居に引越し

結婚式の準備をするのと同時に、新居も決めないといけません。
引越の準備もしましょう。

できれば、結婚式の1カ月くらい前には、新居を決めておきたいものです。
そして式の10日前には引越をすませておくとよいでしょう。
結婚式が終わったら、すぐに生活できる環境を備えるのが理想的ですね。

引越の2日前には、2人でいっしょに近所にあいさつにまわります。
あいさつをするのは、マンションなら両隣と上下の部屋。
一軒家なら、その地域の「組」の家、全部にあいさつしておきます。

大家さんや管理人さんや、「組長」さんと言われる人には、最初にあいさつに行きましょう。
あいさつのときには、タオルや石けんおかしなどを持っていきましょう。

引越をするのは、業者に頼む場合が多いですが、必ず、いくつかの業者から見積もりをとります。
きちんと吟味して、それからどの引越業者に頼むか決めます。
値段が安いからといって、安易に決めないようにしましょう。

引越業者は、あまり安いと、バイトが適当に雑に引越したりして、大切な家具を傷つけられてしまったという話しも良くあります。
見積もりを取る時には、気持ちよく対応してくれる業者かどうかもしっかりチェックしてください。

荷物を入れるだけでなく、引越したらしないといけないことは、電気やガス、水道の開栓です。
引越の3〜4日前には連絡します。
電話も、引越日が決まったら連絡します。

インターネットも、プロバイダーに連絡して、パソコンの設定をします。
時間がかかる場合も多いので、早めにやりましょう。
郵便局で「転居届出書」を出すのを忘れないように。引越の数日前にしましょう。
手続きをしておけば、1年間は、古い住所に届いた郵便物を、新しい住所に転送してくれますから、便利です。

引越の準備と、結婚式の準備。
両方重なって大変ですが、効率的に計画を立てて、結婚式を迎えたいです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ハネムーン
結婚式と言う一大イベント。 それが終わるとハネムーンと言う楽しみが待っています。......
家具や家電選び
新居が決まったら、家具や家電選びです。 新婚生活がいざスタートしますから、それに......
結婚後の新居
結婚式の準備は、ワクワクします。 同時に2人の新居探しも楽しそうですね。 しかし......

▲このページのトップへ