変更手続き

結婚式を挙げて、役所に婚姻届を出したら、すべて終了?
いいえ、そうではありません。
ほかにも、住所変更や名義変更、たくさんの手続きが残っています。

まず、最初に運転免許証を変更しましょう。
すると、ほかの変更をするときに、新しい本人確認のための身分証明書として使えますから、便利です。

現在有効の運転免許証と、本籍地の記載された新しい住民票(写し可)を持って、警察署の交通課か、運転免許試験場に行きます。
「免許記載事項変更届」に記入し、そこで提出すると、その場で、裏面に新しい変更事項を記載した免許証がもらえます。

携帯電話の名義変更は、契約している会社に問い合わせて手続きを進めてください。
住所変更や名義変更は、それを証明できる書類が必要で、また、印鑑も必要な場合があります。
早めに手続きをして、家族割引やお得なプランがあれば、それに変更しましょう。

クレジットカードの変更も忘れずに。カード会社に連絡して必要書類をもらってください。
必要書類に記入して返送します。
必要書類は、カード会社によって異なりますから、確認してから送付しましょう。

保険も、住所変更や名義変更が必要ですが、ほかに受取人の変更も必要です。また、契約内容の見直しをする良い機会です。
2人の新生活にあったプランを教えてもらって、みなおしも検討しましょう。

銀行口座も、銀行窓口で必要書類を提出師、住所や名義変更が必要です。
最寄りの支店で大丈夫ですので、早めに銀行に行きましょう。
通帳やキャッシュカードや、新旧の届出印だけでなく、変更の確認ができる書類は必要になりますから、準備してください。

パスポートも早めに変更しましょう。
ハネムーンは旧姓でも大丈夫ですが、もし新しく変わった姓で行きたいなら、早めに手続きをしましょう。
訂正申請の場合は、戸籍謄本(または抄本)、新姓の印鑑、現在有効のパスポート、住民票(本籍の都道府県が変わる場合のみ)、手数料を準備して、居住区の旅券窓口に行きます。

そこで、「一般旅券訂正申請書」というのがありますから、それに記入して提出します。
本人の申請なら、その場で手続きは終わります。
写真やサインは変更されませんから、パスポートのサインは、旧姓のままになります。
もし、写真やサインを変えたいなら、新規で取得します。

新規取得のためには、戸籍謄本(または抄本)、住民票、写真、郵便はがき、新姓の印鑑、本人確認書類(新住所新名義に切り替えた運転免許証)を準備して、居住区の旅券窓口に行きます。
そこで、「一般旅券発給申請書」に記入します。
申請時に「旅券引き換え書」を窓口でもらいますから、そこに収入印紙をはって、返送された郵便はがきを受け取ったら、旅券窓口に行って、パスポートを受け取ります。

結婚すると、住所や名義が変わるのは当たり前。
後回しにしないで、早めに手続きしましょう。
後回しにすると、後々の生活に支障をきたします。
漏れがないように、一つ一つ、手際よく、変更手続きを進めましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ブライダルエステは必須?
結婚式。それは、人生で一度、自分が主役になる日。 みんなからの注目。 この晴れや......
マリッジブルー
プロポーズされたときの、幸せの絶頂! しかし、いざ、具体的に結婚式の準備が進むと......
婚姻届に必要なもの
結婚式を挙げても、それだけでは、本当の夫婦ではありません。 婚姻届けをだして、初......
内祝いと結婚お知らせ葉書
結婚式には招待しなくても、お祝いを下さる方がいます。そのような方には、内祝いとい......
サムシングフォーって?
サムシングフォーっていうのは、Something Four(4) 花嫁の幸せを願......

▲このページのトップへ