結納とは

「結納」とは、結婚の準備の一つです。
両家が親類となって「結」ばれたことを祝い、贈り物を「納」めるという儀式で、伝統的なものです。

「正式結納」は、仲人が両家を行き来して結納品を届けるスタイルです。
「略式結納」は、彼女の家、または料亭やホテルに集まって、結納品を交わします。
この場合、仲人を立てる場合と立てない場合の両方があります。
結納の時期は、式の半年から3カ月前。日柄の良い午前中です。

結納品の数は9品目。
目録(もくろく)、長熨斗(ながのし)、金包(きんぽう)、友白髪(ともしらが)、末広(すえひろ)、寿留女(するめ)、子生婦(こんぶ)、勝男武士(かつおぶし)、家内喜多留(やなぎだる)です。

目録には、結納品の品名や数が記載されています。
長熨斗は、アワビの肉を干して伸ばしたもの。長寿の意味。
金包には、結納金が入っています。
友白髪は、白い麻糸や麻布。「共に白髪になるまで仲睦まじく」という意味。

末広は、真っ白な扇。末広がりの繁栄を願います。
寿留女は、スルメ。日持ちがしますから、「末永く」という意味です。
子生婦は、昆布のこと。「子孫繁栄」から「よろこぶ」という意味。
勝男武士は、鰹節のこと。男性の力強さを表します。
家内喜多留は、祝い酒を入れる酒樽。家内円満です。

略式では、勝男武士と家内喜多留を除いた7品目、さらに寿留女と子生婦を除いた5品目で、行われます。
いずれも、2で割れない奇数です。

結納のときの服装は、男性が黒かダークカラーのスーツ。
女性は、振り袖か、黒以外のスーツかワンピース。
両家の両親は、両家が同じになるようにします。
スーツならスーツ、礼服なら礼服とそろえます。

最近では、結納をするカップルもめっきり減りました。
代わりに、両家の顔合わせの食事会をするようです。
どんな形でも、両親が納得いく形で会うのがよいでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

略式結納の方法
いざ、結婚が決まりました! けれど、結納というと、何をしたらいいか分からない場合......

▲このページのトップへ