内祝いと結婚お知らせ葉書

結婚式には招待しなくても、お祝いを下さる方がいます。そのような方には、内祝いという形でお礼をします。
内祝いは、「半返し」といい、頂いたお祝いの、約半分の金額の品物を送ります。

式の後、1カ月以内に、相手の方に届くように贈りましょう。
相手の自宅に、あいさつがてら持って訪問するのが一番よいですが、それが難しければ、品物を買ったところで発送してもらいます。

「内祝」「結婚内祝」または、「寿」として、夫婦、両方の名前を書きましょう。
花嫁側は、旧姓を使うか、カッコの中に旧姓を書いておくと、受け取った方が分かりやすいかもしれません。

どんなものを贈ればいいのでしょうか。
よく贈られるのは、鰹節や砂糖など、家庭用品が一般的です。
結婚式当日に招待した人に渡す引き出物をそのまま内祝いにすることもできます。
品物といっしょに、お礼の手紙も添えて送るのがマナーです。

また、結婚のお知らせのハガキも忘れずに準備し、郵送します。
2人の結婚の報告だけでなく、新しい住所を知ってもらうためにも必要です。

式に出席していない人にはもちろんお知らせ葉書を送りますが、出席した方にも、お礼のひとことを添えて、送るとよいでしょう。
送る時期は、式の後、1〜2カ月です。
式の時の写真を使うと、式に出席しなかった人にも喜ばれます。

最近は、暑中見舞いや年賀状に合わせて、結婚報告のハガキを出す人も増えています。
2人で直筆のメッセージを添えると、さらに喜ばれ、温かいお知らせとなるでしょう。

式が終わり、一段落して、ゆっくりと休みたい時期ですが、最後まで丁寧にご挨拶することが大切です。
きちんと、最後までご挨拶して、結婚式に関するすべてのことを締めくくりましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ブライダルエステは必須?
結婚式。それは、人生で一度、自分が主役になる日。 みんなからの注目。 この晴れや......
マリッジブルー
プロポーズされたときの、幸せの絶頂! しかし、いざ、具体的に結婚式の準備が進むと......
婚姻届に必要なもの
結婚式を挙げても、それだけでは、本当の夫婦ではありません。 婚姻届けをだして、初......
変更手続き
結婚式を挙げて、役所に婚姻届を出したら、すべて終了? いいえ、そうではありません......
サムシングフォーって?
サムシングフォーっていうのは、Something Four(4) 花嫁の幸せを願......

▲このページのトップへ