キリスト教式結婚式の流れ

キリスト教式というと、クリスチャンでなければならないと考える人もいるかもしれません。
キリスト教会で式を挙げる時は、2人のうちどちらかがクリスチャンであるのが原則ですが(カトリック)、プロテスタント教会なら、クリスチャンではなくても大丈夫というところもあります。

その場合は、挙式の前に、何回か教会に行き、お話を聞いたり、勉強会もあったりします。
キリスト教会では、式をあげるために、結婚の意味を学ぶ準備期間があります。
最近では、ホテルや結婚式場のチャペルで、クリスチャンでなくても、キリスト教式で結婚式をすることもできるようになりました。
キリスト教式結婚式の流れは次のようになります。

1.入場
まず新郎は祭壇の右側に立ち、新婦を待ちます。
新婦は父親のエスコートで、バージンロードを歩いて、祭壇の前まで行きます。
そこで父親は、新婦を新郎に渡します。

2.賛美歌
全員が起立し、賛美歌を歌います。
手元にある式次第に歌詞は印刷されています。

3.聖書朗読
聖書の節が朗読され、そのあと、祈りがあります。
祈りの時は、クリスチャンでない人も、目を伏せて心を合わせます。

4.誓約式
まず、新郎に永遠の愛を誓いますかと問いかけますので、新郎はそれに答え、続いて、新婦も問いかけられたらそれに答えるかたちで誓約します。

5.指輪の交換
誓約のしるしとして、指輪を交換します。新郎は、牧師から指輪を左手で受け取ります。
それを右手に持ち替えて、新婦の左手の薬指にはめます。新婦も同様にして新郎の右手薬指に指輪をはめます。

6.結婚宣言と結婚証明書の署名
新郎新婦の手を講壇にのせ、そこに牧師が手をのせて、神の祝福があるように祈ります。
そして、参列者の前で、2人の結婚が成立したことを宣言します。結婚証明書が用意されている場合は、それに署名します。

7.賛美歌と祝祷
全員起立をして、賛美歌を歌い、牧師が祝祷します。

8.新郎新婦退場
腕を組んだ新郎新婦が、ゆっくりとバージンロードを進み、退場します。参列者の拍手と祝福の中を歩きます。

最近の人気はキリスト教式の結婚式です。
純白のウエディングドレスで、ロマンチックで厳かな温かい雰囲気の中、行われます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

会場の種類
いよいよ会場を探しに出かけたりすると、結婚するんだな〜という実感もわきますね。 ......
結婚式の日取り決め
いつ結婚式をしようか。 日取りを決めないと何も始められません。 2人にとっての大......
人前結婚式とは
神様や仏様に結婚を誓うのではなく、式に参列する家族や親戚や友人の前で結婚を誓いた......
結婚式の引き出物
披露宴に出席してくれた招待客には、引き出物を用意して感謝の気持ちを込めて送ります......
ブライダルブーケの種類とブートニア
ウエディングドレスが決まったら、ドレスに合うブーケを選びましょう。 ブートニアと......
和装の婚礼の衣装と小物
いざ、衣装を準備すると、「本当に結婚するんだ〜」と実感もわくでしょう。 和装の婚......
スピーチや余興の依頼
結婚披露宴を盛り上げるのがスピーチや余興です。 まず、この人と思う人には、電話で......
ウェディングドレスのタイプ
ウエディングドレスの試着は、楽しい時間です。 衣装の準備に欠かせませんね。 基本......
ウェディングドレスの小物
ウエディングドレスが決まったら、さて、次は、ドレスの小物! 小物が、もうドレスに......
仏前結婚式とは
前世からの深い縁で出会ったというのが、仏教での考え方です。 仏前結婚式は、仏やご......
神前結婚式
日本の伝統的な挙式スタイルは、神前結婚式です。 神前で結婚の報告と誓いをするスタ......
披露宴で手作りアイテムを
結婚式の披露宴を素敵に演出したい。 そんなときに欠かせないアイテムがあります。 ......

▲このページのトップへ