仏前結婚式とは

前世からの深い縁で出会ったというのが、仏教での考え方です。
仏前結婚式は、仏やご先祖さまに結婚の誓いをするということではありません。
2人の出会いを感謝して、報告するという考え方なんです。

ホテルや結婚式場で、仏前式の結婚式をできるところはあまり多くありません。
先祖代々のお寺や、自宅の仏前に、僧侶を招くという形で、行うのがほとんどです。
仏前結婚式の流れは次のようなものです。

1.入堂
最初に新郎側の両親と親族。
それから新婦側の両親と親族が入堂します。
それから、媒酌人夫妻に付き添われた新郎新婦の入堂です。

2.献香三拝(けんこうさんぱい)
僧侶が入堂、焼香して、三拝します。

3.敬白文朗読(けいびゃくもんろうどく)
これは、僧侶が仏様とご先祖様に向けて敬白文を朗読して、式の開始を報告するものです。

4.念珠の授与
白い房のついた念珠が仏前に備えられていますから、僧侶がそれを新郎に渡し、赤い房の念珠は新婦に渡します。

5.司婚の辞
新郎新婦に末永く添い遂げるという誓いを、僧侶が求めます。新郎新婦は従って、誓いを立てます。

6.誓詞朗読
誓いの言葉の朗読です。

7.新郎新婦の焼香
念珠は左手に下げて、右手で焼香します。最初は新郎、次に新婦。

8.誓杯と親族固めの祝杯
誓杯とは、神前式でいうところの三三九度です。
新郎新婦が誓杯し、続いて、参列者も起立します。
そして、親族固めの祝杯を飲みます。
飲み終わったら、全員で仏前に合掌。

9.法話
僧侶からの結婚に関するお話です。説話といいます。

10.退堂
順番は、僧侶、新郎新婦、媒酌人、両親、参列者の順。

衣装は、神前結婚式と同様、白無垢。そして羽織袴が一般的。
けれど、ウエディングドレスを着て、洋装でもOKです。

寺や自宅で行うので、式の費用に衣装代は含まれません。
衣装の手配は自分でします。また、指輪交換をしたいときには、前もって準備しておいてください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

会場の種類
いよいよ会場を探しに出かけたりすると、結婚するんだな〜という実感もわきますね。 ......
結婚式の日取り決め
いつ結婚式をしようか。 日取りを決めないと何も始められません。 2人にとっての大......
人前結婚式とは
神様や仏様に結婚を誓うのではなく、式に参列する家族や親戚や友人の前で結婚を誓いた......
結婚式の引き出物
披露宴に出席してくれた招待客には、引き出物を用意して感謝の気持ちを込めて送ります......
ブライダルブーケの種類とブートニア
ウエディングドレスが決まったら、ドレスに合うブーケを選びましょう。 ブートニアと......
和装の婚礼の衣装と小物
いざ、衣装を準備すると、「本当に結婚するんだ〜」と実感もわくでしょう。 和装の婚......
スピーチや余興の依頼
結婚披露宴を盛り上げるのがスピーチや余興です。 まず、この人と思う人には、電話で......
キリスト教式結婚式の流れ
キリスト教式というと、クリスチャンでなければならないと考える人もいるかもしれませ......
ウェディングドレスのタイプ
ウエディングドレスの試着は、楽しい時間です。 衣装の準備に欠かせませんね。 基本......
ウェディングドレスの小物
ウエディングドレスが決まったら、さて、次は、ドレスの小物! 小物が、もうドレスに......
神前結婚式
日本の伝統的な挙式スタイルは、神前結婚式です。 神前で結婚の報告と誓いをするスタ......
披露宴で手作りアイテムを
結婚式の披露宴を素敵に演出したい。 そんなときに欠かせないアイテムがあります。 ......

▲このページのトップへ