結婚式の招待客

結婚式にだれを呼ぼうか...。結婚式の準備で悩むのが招待客です。
自分たちだけで決められないのも招待客です。
両家のバランスもありますから、よく話し合ってから決めましょう。

まずはリストを作りましょう。
2人が日頃お世話になっている人を考えながら、招待客リストづくりです。
そのとき、グループ分けをしておくと、後々、席次を決めるとき便利です。
「親族」「職場関係」「友人」などのグループです。

式に参列する親族は、だいたい、両親、兄弟姉妹、甥や姪、おじおば夫婦。
いとこは、悩むかもしれませんが、以前自分も招待されていたら招待するという感じでいいでしょう。

難しいのは職場関係ですよね。
直属の上司や先輩、同期と後輩など、自分の立場や人間関係を考えて招待しましょう。

友人も、どこまでにするか悩みます。
実は、親戚や職場の人より、友人を呼びたいのが本音かもしれません。
幼なじみや学生時代の友人、社会人の友人などです。

けれど、両親や、立場上、どうしても親戚や職場関係を優先せざるを得ず、友だちには泣く泣く招待できないなんていうこともあるかもしれません。
そのために、披露宴に呼べなかった友人たちも含めて、2次会をするとよいでしょう。

近所の方を招待するという場合もあります。
もし親がそうしてくれと言うなら、自分はそんなに親しくなくても、親の立場を考慮しましょう。

いったい何人くらい呼べばいいのでしょう。
招待客の平均人数は70人くらいです。

新郎と新婦の側に、大きな差がないように、バランスをとっておきます。
席次も配慮し、一人だけ寂しい思いをするテーブルがないようにします。

招待客が決まったら、あとは招待状の発送です。
送る前に、事前に出席できるかどうか確認しておくのも必要です。

突然届く招待状には、相手も戸惑いますし、何か予定があるかもできません。
せっかく招待状が届いたのに、「欠席」という連絡は送りたくありませんから。

サイト内関連記事

招待状
結婚式の準備は、招待状を作ると、いざ始まったという感じです。 招待客に結婚式のお......
人間関係と席次
結婚式の招待状を出して、返信用ハガキが届くと、だれが式に出席するかが決まります。......

▲このページのトップへ