略式結納の方法

いざ、結婚が決まりました!
けれど、結納というと、何をしたらいいか分からない場合も多くあります。
最近では、仲人を立てずに「略式結納」をする人が増えています。その流れをご紹介しましょう。

1.結納品を飾る
会場に、まず男性側が入ります。そして、結納品を上座に飾ります。
それから女性側がはいって、結納品を飾ります。

2.あいさつと着席
まず、男性側の父親のあいさつ。そして、全員着席。

3.男性側から結納品を、女性側に納める
次に、男性の母親が、結納品を女性の前に運びます。台ごと運び一礼。
その後、男性の父親が口上を述べます。
口上は、「このたびは、○○と○○さんの結婚をおゆるしいただき、まことにありがとうございました。
結納の品を持参しましたので、幾久しくお納めください」です。
女性側は、それを聞いて、礼をします。

4.女性側が目録に目を通す
女性本人が、結納品の中から、目録を手にとり目を通します。
続いて、女性の父親、それから母親が目を通します。
その後、「○○様のご結納。幾久しく納めさせていただきます」と、お礼の口上を述べます。

5.女性側の受書を男性側に渡す
送られた結納品を、女性の母親が上座に運びます。
そして、受書を男性の前に運び置きます。

6.女性側からの結納品を男性側に納める
男性本人の前に、台ごと結納品を、女性の母親が運びます。

7.男性側が目録に目を通す
まず、男性本人が目録に目を通し、続いて、男性の父親、母親が目を通します。

8.男性側の受書を女性側に渡す
送られた結納品を、男性の母親が上座に運びます。
そして、受書を女性の前に持っておきます。

9.結びのあいさつ
まず、男性側の父親が結びのあいさつをし、お礼を述べます。
それから女性の父親が返礼のあいさつをします。
そのあと、全員が深く礼をして、おしまいです。

この後、全員で宴席になります。

難しそうですが、実は決まった口上以外は口を開かないのが結納。
口上は、堅い言葉でなくても、誠意のある言葉であればOKです。
緊張して忘れそうなら、メモを見ながら言っても大丈夫です。

この記事のタグ

サイト内関連記事

結納とは
「結納」とは、結婚の準備の一つです。 両家が親類となって「結」ばれたことを祝い、......

▲このページのトップへ