人間関係と席次

結婚式の招待状を出して、返信用ハガキが届くと、だれが式に出席するかが決まります。
もう、準備も大詰めですね。
ペーパーアイテムの作成に取りかかりましょう。
席次表や、席札、メニュー表などです。

一番頭を悩ませるのが席次です。
会場の席がどのようになっているか、レイアウト表を見ながら、招待客が居心地よく参加できる席の配置にします。
基本的には、新郎も新婦も、前の席に来賓が座り、先輩や友人、親族、両親という順番で座ります。
出席者が送ってくれた返信用のハガキを使って、席次を決めて行きましょう。

ご夫婦でいらっしゃる方の場合には、上席はご主人です。奥様はその隣り。
お子様がいらっしゃる場合は、ご夫婦の間にと、配慮も親切です。
両家の出席者の人数が、バランスがとれないときには、これも悩みの種です。
両家で確認して、そのような時には、友人や親族を1つのテーブルにしたりします。

同じテーブルの中の、人間関係も気をつけましょう。
テーブルに知っている人が一人もいなくて、寂しい思いをする人がいないように、心を配りましょう。

両親や独身の兄弟姉妹、同居している祖父母(母方はのぞく)の名前を席次表に書くとき、後に「様」をつけないのを知っていましたか?
友人の名前には、「高校時代」「大学時代」などと細かくつけると、分かりやすいと思います。

席札は、名前を入れてテーブルの上に置きます。これで、来た招待客が、自分の席の場所が分かりやすくなります。
席札の裏に、手書きのメッセージが書いてあったり、新居の連絡先を入れたりするなど、一工夫をして、持ち帰ってもらいましょう。
席札には、両親も家族も、「様」をつけます。席次表とは異なりますので注意してください。

結婚式に呼ばれて、一番楽しみなのは、料理です。
テーブルの上に料理のメニュー表を置くと、レストランのようで、素敵です。

前菜からデザートまで、出てくる順番にメニュー表には記載します。
テーブルクロスやテーブルに飾る花と合わせて、メニュー表の色も選び、統一感を出しましょう。

これらの、紙で作るペーパーアイテムは、作成が大変かもしれません。
けれど、当日のことを思い描きながら、楽しく準備できることの一つでもあります。

この記事のタグ

サイト内関連記事

結婚式の招待客
結婚式にだれを呼ぼうか...。結婚式の準備で悩むのが招待客です。 自分たちだけで......
招待状
結婚式の準備は、招待状を作ると、いざ始まったという感じです。 招待客に結婚式のお......

▲このページのトップへ