和装の婚礼の衣装と小物

いざ、衣装を準備すると、「本当に結婚するんだ〜」と実感もわくでしょう。
和装の婚礼衣装について、ご紹介しましょう。

和装には、白無垢、色打ち掛け、振り袖の、婚礼衣装があります。
白無垢は、小物まですべてを白に統一します。
「婚家の色に染まります」という意味があるそうです。

色打ち掛けは、緑、黒、赤などが下地の色で、その上に、金ぱくや刺繍をほどこした着物で豪華な印象を与えます。
柄は、大柄な人は大きな柄、小柄な人は細かい柄を選ぶと似合います。
角隠しは、挙式の時につけます。

振り袖の中でも、黒引き振り袖は、江戸時代に武家の婚礼衣装として用いられていました。黒は、最も高貴な色だったのです。
最近では、シックで、レトロな感じのデザインが、人気です。
最近では、オーガンジーでデザインされた、軽いドレス感覚の和装もあり、新和装と言います。
和装なのに洋装の雰囲気ですから、これが人気の秘密のようです。

和装の小物は、その一つ一つに意味があります。
例えば綿帽子は、真綿を伸ばして袋状にして作った帽子で、「新郎以外の人に、式が終わるまで顔を見せない」という意味があります。
角隠しは、「角を隠して夫に仕える」という意味で、文金高島田に結った髪を覆う帯のような布です。

かんざしは、髪に飾る飾りで、べっ甲やさんご、象牙や銀など、いろいろな種類があります。
それを何種類か組み合わせて使って、華やかさを演出します。
扇のことを、末広と言います。「末広がり」という意味です。
右手で末広がりを持ち、左手をそこに軽く添えます。

はこせこは、化粧道具のおしろいや紅筆や懐紙を入れる袋のことです。
胸元にいれて、少しだけ模様を見せます。
帯を結ぶ時には、お太鼓部分にふくらみを出すために、帯枕を入れます。

掛下の着付けに使う細い帯は、伊達巻きと言います。
懐剣は、帯にさして、白い組紐を胸の部分にたらします。「女性でも自分の身は自分で守ります」という意味です。
腰紐は、着物の丈を合わせる時に使う白い紐です。新しい白い腰ひもを、4〜6本、式のために新調するのがよいでしょう。

和装の婚礼衣装といっしょに、小物もレンタルできる場合がほとんどです。
しかし、肌襦袢や裾よけ、白足袋、和製ストッキング、タオル、ガーゼなどは自分で準備します。
肌に直接つける下着は自分で用意するつもりでいるとよいでしょう。
事前に確認が必要です。

この記事のタグ

サイト内関連記事

会場の種類
いよいよ会場を探しに出かけたりすると、結婚するんだな〜という実感もわきますね。 ......
結婚式の日取り決め
いつ結婚式をしようか。 日取りを決めないと何も始められません。 2人にとっての大......
人前結婚式とは
神様や仏様に結婚を誓うのではなく、式に参列する家族や親戚や友人の前で結婚を誓いた......
結婚式の引き出物
披露宴に出席してくれた招待客には、引き出物を用意して感謝の気持ちを込めて送ります......
ブライダルブーケの種類とブートニア
ウエディングドレスが決まったら、ドレスに合うブーケを選びましょう。 ブートニアと......
スピーチや余興の依頼
結婚披露宴を盛り上げるのがスピーチや余興です。 まず、この人と思う人には、電話で......
キリスト教式結婚式の流れ
キリスト教式というと、クリスチャンでなければならないと考える人もいるかもしれませ......
ウェディングドレスのタイプ
ウエディングドレスの試着は、楽しい時間です。 衣装の準備に欠かせませんね。 基本......
ウェディングドレスの小物
ウエディングドレスが決まったら、さて、次は、ドレスの小物! 小物が、もうドレスに......
仏前結婚式とは
前世からの深い縁で出会ったというのが、仏教での考え方です。 仏前結婚式は、仏やご......
神前結婚式
日本の伝統的な挙式スタイルは、神前結婚式です。 神前で結婚の報告と誓いをするスタ......
披露宴で手作りアイテムを
結婚式の披露宴を素敵に演出したい。 そんなときに欠かせないアイテムがあります。 ......

▲このページのトップへ