サムシングフォーって?

サムシングフォーっていうのは、Something Four(4)
花嫁の幸せを願う、欧米の習慣で、花嫁が4つの物を身につけて結婚式に臨むと、幸せになれると言われているものです。
どんな4つの物でしょうか。

1.古いもの(サムシングオールド)

伝統を大切にする心です。代々伝えられた財産を受け継いで、新しい生活が豊かになるようにという願いが込められています。
家族から譲られたアクセサリーやジュエリーが多いですが、花嫁衣装そのものや、ベールやリボン飾りなどを、何か古い物として用いる場合もあります。

2.新しいもの(サムシングニュー)

新生活が幸せになりますように! そんな願いを込めて新品の物を身につけます。
結婚式当日に新調する何かなら、何でもOK。白い物がいいですね。
例えば、白い靴や長手袋などです。

3.借りたもの(サムシングボロウ)

何かかりた物を身に着けることで、友人や隣人との関係をつなげます。
幸せな結婚生活の先輩から、ハンカチやベール、アクセサリーなどをかりたりして、幸せを分けてもらいましょう。

4.青いもの(サムシングブルー)

ブルーは、幸せを呼ぶ色。
そして、忠実や信頼を表す色です。
同時に処女マリアのシンボルカラーで、花嫁の純潔や清らかさも表します。
青いものは、人目につかないところに身に着けるとよいと言われています。
ですから、映画で見るように、白いガーターに青いリボンをつけるのが一般的です。

サムシングフォーは、マザーグースの歌から始まった言い伝えです。
欧米で親しまれているマザーグースの歌は、
『なにか一つ、古いもの。何か一つ、新しいもの。何か一つ、かりたもの。
何か一つ、青いもの。靴の中には6ペンスの銀貨を』
という歌で、この歌を歌って、花嫁の幸せを願います。

最近では、日本でもサムシングフォーの習慣が広まり、結婚式に取り入れられることも増えてきました。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ブライダルエステは必須?
結婚式。それは、人生で一度、自分が主役になる日。 みんなからの注目。 この晴れや......
マリッジブルー
プロポーズされたときの、幸せの絶頂! しかし、いざ、具体的に結婚式の準備が進むと......
婚姻届に必要なもの
結婚式を挙げても、それだけでは、本当の夫婦ではありません。 婚姻届けをだして、初......
変更手続き
結婚式を挙げて、役所に婚姻届を出したら、すべて終了? いいえ、そうではありません......
内祝いと結婚お知らせ葉書
結婚式には招待しなくても、お祝いを下さる方がいます。そのような方には、内祝いとい......

▲このページのトップへ